朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

総合ニュース
2013年11月8日17時2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

佐世保実前監督が不服申し立て 野球部内暴力の教唆否定

 今夏の甲子園に出場した佐世保実業高校(長崎県佐世保市)野球部の暴力問題で、日本学生野球協会から無期謹慎の処分を受けた清水央彦(あきひこ)前監督が8日、協会に処分への不服を申し立てた。

 学校側の発表によると、清水前監督が昨年8月、3年生の元部員に対し、退部を申し出た1年生部員を「殴ってでも考え直させろ」と指示し、元部員が1年生部員を殴ってあごを骨折させた。清水前監督は被害生徒の保護者に、練習中の事故とすることを提案して了承を得て、部長を通じて学校に虚偽の報告をした、とされる。

 これに対して、清水前監督の代理人の弁護士は、「何とかして説得しろと指示したが暴力の教唆はなかった」「被害生徒の保護者から暴力を公表しないように持ちかけられた」と主張。「学校の発表と事実が異なる。無期謹慎の処分は重すぎるので不服を申し立てた」と説明している。

 清水前監督自身も、学校の調査に「殴ってでも」と指示した、と説明していたが、「(3年生の元部員を)守らなければと思い、当時はこう説明するしかないと思った」と8日話した。

 辰田幸敏校長は「学校の発表や高野連に出した報告書は清水前監督の説明を基にしている。報告書を作る際に内容を見せ、確認してもらった。なぜ今このような主張をするのか、理解ができない」と話した。

 佐世保実は夏の甲子園に2013年、12年など5回、春は1回出場している。

検索フォーム

学校検索使い方

ここから広告です
広告終わり

高校野球都道府県ニュース

朝日新聞デジタル 高校野球フェイスブック公式ページ 朝日新聞西部本社 高校野球ツイッター

ピックアップ

夏の甲子園2013DVD販売決定
第95回全国高校野球選手権記念大会(夏の甲子園)の全48試合を1試合ごとにDVD化。昨年(第94回大会)の試合も販売中!
球場で流れる校歌を集めたCD販売
第95回全国高校野球選手権記念大会の出場校校歌を集めたCDが発売。球場で流れる音源を夏の思い出に!

「WEBRONZA」スポーツ

webronza沖縄高校野球、強さの秘密
我喜屋マジック。スタンダード化する興南スタイル

野球関連商品

朝日新聞社インフォメーション

リンク

携帯サービス

QRコード 朝日・日刊スポーツ
甲子園のリアルタイム速報は、携帯サービスでもお届けします。
QRコード 朝日日刊インサイト
球児たちの涙、勝敗の裏側に迫ります。
QRコード ニュースEX
甲子園のリアルタイム速報、スポーツやエンタメ情報も満載!