ここから本文エリア

総合ニュース
2013年8月24日19時38分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校野球の日本代表が初練習 桐光学園・松井ら17人

写真:ブルペンで投球練習する桐光学園の松井拡大ブルペンで投球練習する桐光学園の松井

 野球の第26回18U(18歳以下)ワールドカップ(30日開幕、台湾・台中市)に出場する日本代表チームが24日、大阪府枚方市内で初練習した。

 今夏の全国選手権で4強以上に進んだ3選手をのぞく17人が参加。昨夏の選手権で1試合22奪三振の大会記録を作った桐光学園(神奈川)の松井や、昨春から4度の甲子園で計5本塁打を放った大阪桐蔭の森らが、連係プレーの確認や打撃練習を行った。

 2年連続で日本代表に選ばれた森は「世界では個人の能力だけでなく、チームの団結力が必要。チームワークで勝っていきたい」。

検索フォーム