ここから本文エリア

総合ニュース
2013年8月23日12時21分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

栄冠の前橋育英、朝日新聞大阪本社を訪問 高校野球

写真:優勝から一夜明け、朝日新聞大阪本社を訪問した前橋育英の選手ら=23日午前、大阪市北区、飯塚晋一撮影拡大優勝から一夜明け、朝日新聞大阪本社を訪問した前橋育英の選手ら=23日午前、大阪市北区、飯塚晋一撮影

写真:朝日新聞大阪本社を訪問し、木村伊量社長(左)から健闘をたたえられる前橋育英の選手ら=23日午前、大阪市北区、飯塚晋一撮影拡大朝日新聞大阪本社を訪問し、木村伊量社長(左)から健闘をたたえられる前橋育英の選手ら=23日午前、大阪市北区、飯塚晋一撮影

写真:準優勝から一夜明け、朝日新聞大阪本社を訪問した延岡学園の選手ら。木村伊量社長から言葉を贈られる=23日午前、大阪市北区、飯塚晋一撮影拡大準優勝から一夜明け、朝日新聞大阪本社を訪問した延岡学園の選手ら。木村伊量社長から言葉を贈られる=23日午前、大阪市北区、飯塚晋一撮影

写真:朝日新聞大阪本社を訪問した延岡学園の選手ら。準優勝を伝える号外に見入っていた=23日午前、大阪市北区、飯塚晋一撮影拡大朝日新聞大阪本社を訪問した延岡学園の選手ら。準優勝を伝える号外に見入っていた=23日午前、大阪市北区、飯塚晋一撮影

 第95回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)で、初出場で初優勝を果たした前橋育英(群馬)と、準優勝となった延岡学園(宮崎)の選手たちが23日午前、大阪市北区の朝日新聞大阪本社を訪れた。

 深紅の大優勝旗を携えた前橋育英の選手たちに、木村伊量・朝日新聞社長は「記念大会の最後を飾るのにふさわしい試合。高橋(光成、こうな)君のピッチングはすばらしかった。チーム一丸で支えていた」とたたえた。荒井直樹監督は「甲子園で校歌を歌うのが目標だった。より良いチームを作り甲子園に戻ってきたい」と力を込めた。

 延岡学園の選手たちに、木村社長は「甲子園の大舞台で成長していた」と言葉をかけた。重本浩司監督は「大観衆のなかで子どもたちがのびのび楽しくやっている姿を見ることができ、感謝している」と話した。

検索フォーム