ここから本文エリア

現在位置:高校野球>総合ニュース> 記事

総合ニュース

高野連・脇村会長が退任表明

2008年09月17日

 日本高校野球連盟の脇村春夫会長(76)は17日、大阪市西区の中沢佐伯記念野球会館で記者会見し、11月28日の評議員会で退任することを明らかにした。「就任当初から3期6年のつもりでやってきた。特待生問題などは道半ばだが、後任に託したい」と話した。今後は次期会長の人選を進めるが、早大前総長の奥島孝康氏(69)が有力候補にあがっている。

写真退任を表明する日本高野連の脇村春夫会長

 脇村会長は02年11月、牧野直隆前会長の後を受けて就任。プロアマ関係の改善に尽力したほか、特待生問題では新たな規定づくりに努めてきた。昨年5月に再任され、現在3期目で本来の任期は来年5月まで。任期途中での退任については「新会長には(来春の)選抜大会から見ていただくことが大事」と説明した。

 今後は10月8日に開催する臨時全国理事会までに次期会長候補を絞り、承認を得た上で、正式に要請する予定。最終的には11月の評議員会で決定する。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る