ここから本文エリア

現在位置:高校野球>総合ニュース> 記事

総合ニュース

大阪桐蔭が優勝 甲子園決勝、常葉菊川を17―0圧倒

2008年08月18日

 第90回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は18日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝があり、大阪桐蔭(北大阪)が常葉菊川(静岡)に17―0で快勝。初出場初優勝した73回大会以来、17年ぶり2度目の優勝を果たした。大阪勢の優勝は同校以来、10度目。

写真常葉菊川を破り、優勝を決めて喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=18日午後、阪神甲子園球場、川村直子撮影
写真大阪桐蔭―常葉菊川 1回表大阪桐蔭1死満塁、奥村はバックスクリーンに先制の満塁本塁打を放ち、一塁を回る=日吉健吾撮影
写真大阪桐蔭―常葉菊川 4回裏常葉菊川無死、町田は左翼線二塁打を放つ。捕手有山=日吉健吾撮影
写真大阪桐蔭―常葉菊川 7回表大阪桐蔭1死一塁、萩原は右越えに2点本塁打を放つ=日吉健吾撮影

 大阪桐蔭は1回、奥村の満塁本塁打で先制。6回に6点、7回は萩原の3試合連続本塁打で2点を加えるなど、計21安打で圧倒した。決勝での17得点は史上最多タイ、17点差も史上最大に並んだ。

 3回目の出場で初めて決勝に進んだ常葉菊川だが、エース戸狩の不調が響き、頂点を逃した。

 記念大会の今夏は、例年より6校増えて55代表が出場。8日開幕の北京五輪との日程の重複を避けるため、史上もっとも早い2日に開幕した。この試合の観衆は満員の4万6千人で、17日間の総入場者数は89万人だった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る