ここから本文エリア

現在位置:高校野球>総合ニュース> 記事

総合ニュース

「人の多さに驚いた」米チーム主将 甲子園見て

2008年08月18日

 日米親善高校野球大会のために来日した米国のチームが17日、甲子園球場で全国高校選手権の準決勝を観戦した。米国にはない全国大会に、シングルトン主将は「応援の人の多さに驚いた」。

 米チームは大リーグが設立したアーバンユースアカデミーを中心に構成。19日から奈良など5県で試合を予定しており、最終戦の25日は甲子園で日本高校選抜と戦う。

 中日に所属したことのあるヒンショウ監督も「日本の高校野球はすごい情熱と人気がある。米国の選手もこの舞台でやれるのは幸せ。いいチャレンジになる」。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る