ここから本文エリア

現在位置:高校野球>総合ニュース> 記事

総合ニュース

常葉菊川―大阪桐蔭 夏の甲子園18日決勝

2008年08月18日

 第90回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は17日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で準決勝2試合があり、常葉菊川(静岡)と大阪桐蔭(北大阪)が決勝進出を決めた。

 常葉菊川は浦添商(沖縄)に1点を先行されたが、2回に前田が今大会4本目となる満塁本塁打を放つなど一挙9点を挙げて逆転。堅守で反撃を封じた。横浜(南神奈川)と対戦した大阪桐蔭は3回、萩原の2点適時打などで逆転。その後も着実に加点し、9回には萩原が右越え2点本塁打を放って突き放した。

 決勝は18日午後1時に試合開始。常葉菊川は初の頂点、大阪桐蔭は初出場初優勝した73回大会以来の17年ぶり2度目の優勝を目指す。静岡勢が勝てば12回大会(1926年)の静岡中以来2度目、大阪勢なら大阪桐蔭以来17年ぶり10度目の栄冠となる。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る