ここから本文エリア

現在位置:高校野球>総合ニュース> 記事

総合ニュース

大阪桐蔭、打ち勝って決勝へ 横浜、粘り届かず

2008年08月17日

(17日、大阪桐蔭9―4横浜)

写真大阪桐蔭―横浜 3回表大阪桐蔭1死満塁、森川は右前適時打を放つ。投手土屋=日吉健吾撮影
写真大阪桐蔭―横浜 3回裏横浜1死二塁、松本の左前適時打で、走者倉本が生還。捕手有山=諫山卓弥撮影
写真大阪桐蔭―横浜 7回表大阪桐蔭1死三塁、森川の投前スクイズで、三塁走者浅村が生還。捕手小田=金川雄策撮影
写真大阪桐蔭―横浜 9回表大阪桐蔭2死二塁、萩原に本塁打を打たれた土屋=諫山卓弥撮影

 大阪桐蔭(北大阪)が3回に5長短打で5点を奪い、試合を優位に進めた。1死から3連打などで同点とすると、満塁で萩原の左越え二塁打で勝ち越し。中谷の右前安打でさらに2点を加えた。その後もスクイズなどで加点し、流れを逃さなかった。横浜(南神奈川)も粘ったが、序盤の大量失点が響いた。

 ○福島由(大) 甲子園5度目の先発で初完投。「横浜打線は3回くらいから、初球のストライクを見逃したり、消極的だった」

 ○萩原(大) 2点本塁打を含む3安打4打点。「本塁打は、自分の理想通りの勢いのある打球。ヒットの延長の本塁打という感じだった」

 ●小川健(横) 主将は8回に意地の適時打。「苦手な外角直球を打てた。根気強く教えてくれた監督さんと部長さんのおかげです」

 ●倉本(横) 前夜、2年前に大阪桐蔭に負けた先輩から応援メールが届いた。「負けられない相手だったのに……。力負けでした」


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る