ここから本文エリア

現在位置:高校野球>総合ニュース> 記事

総合ニュース

夏の甲子園開幕 4059校の頂点目指す戦い始まる

2008年08月02日

 第90回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は2日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。開会式では、記念大会で6校増えた55代表の選手たちが、4万4千人の観客の拍手に迎えられて入場。福知山成美(京都)の椎葉一勲(かずひろ)主将が「全国の人に元気、勇気、感動を与えられるよう、正々堂々とプレーをし、日本中に高校野球のすばらしさを伝える」と選手宣誓。4059校の頂点をめざす17日間の戦いが始まった。

写真90回大会を記念して外野スタンドに描かれた人文字=2日午前、阪神甲子園球場、本社ヘリから、日置康夫撮影
写真選手宣誓する福知山成美の椎葉一勲主将=2日午前、阪神甲子園球場、諫山卓弥撮影

 入場行進の先導役は、学制改革で大会が現在の名称になった第30回大会(48年)で準優勝している桐蔭(和歌山)の南村裕二郎主将が務めた。昨夏優勝の佐賀北は佐賀大会で敗れ、田中亮主将が大優勝旗を手に1人で入場した。

 大会会長の秋山耿太郎・朝日新聞社社長は「若者らしい、さわやかな、はつらつとしたプレーで、青春の思い出をつくってください」とあいさつ。松浪健四郎・文部科学副大臣がお祝いの言葉を述べ、脇村春夫・日本高校野球連盟会長が励ましの言葉を贈った。

 司会進行役は地元兵庫の2校から、武庫川女子大付属高3年の赤田京子(みやこ)さんと小野高3年の和田健哉さん。演奏は関西吹奏楽連盟が、合唱は関西合唱連盟が務めた。

 開会式に先立ち、記念イベント「甲子園レジェンズ」も開催された。大会史に残る選手を代表し、第40回大会で延長18回引き分け再試合の投手戦を演じた徳島商の板東英二さん(68)と魚津(富山)の村椿輝雄さん(67)、PL学園(大阪)のエースとして戦後最多の甲子園20勝を記録した桑田真澄さん(40)ら11人が、母校のユニホーム姿で登場。元高校球児とその子ども100組と、外野の芝生でキャッチボールを楽しんだ。

 開幕試合は駒大岩見沢(北北海道)が8―6で下関工(山口)に勝ち、出場4回目で選手権初白星を挙げた。始球式は、第30回大会で全国制覇している小倉(福岡)の丸山甚八主将が務めた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る