ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第79回選抜>総合ニュース> 記事

第79回選抜高校野球大会

総合ニュース

打力は互角、投手力で常葉菊川が優位か 決勝みどころ

2007年04月03日

 ともに準決勝で逆転劇を演じて勢いに乗るが、投手力で常葉菊川が一歩リードしていると見る。

 常葉は左腕2人をそろえる。準々決勝で大阪桐蔭を封じた田中は準決勝で不調だったが、救援の戸狩が好投した。ともに長身から内外角に力のあるボールを投げ下ろし、大崩れしない。一方、大垣日大は右腕森田の踏ん張りにかかる。1人で全4試合を投げ、決勝は3連投になる。スライダーを低めに集め、打たせてとる投球に徹したい。

 打力は互角だろう。常葉は4番相馬に当たりが戻ったのが好材料。大垣は準決勝までの4試合と同様、1回に得点を挙げて主導権を握りたい。

 昨秋の東海大会準決勝では常葉が4―0で勝った。手の内を知っている分、攻守にどれだけ思い切った策をとれるかもかぎになる。



ここから広告です

広告終わり
ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.