ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第79回選抜>総合ニュース> 記事

第79回選抜高校野球大会

総合ニュース

打線好調の4校、勝負の分かれ目は? 準決勝みどころ

2007年04月02日

 ◇第1試合 常葉菊川(静岡)―熊本工(熊本)

 どちらの打線が持ち味を発揮できるかがポイントになる。

 常葉菊川は極力バントを使わず、打ってつなぐスタイル。準々決勝の大阪桐蔭戦で決勝打を放った石岡ら、下位も好調なのは心強い。熊本工は藤村らの機動力を使った攻撃が特徴。千葉経大付との2回戦で延長12回の熱戦を制するなど伝統の粘りは健在なだけに、終盤勝負になれば強い。

 両校とも左腕エースのほか、控え投手にも力がある。展開次第では継投のタイミングも勝負の分かれ目になりそうだ。

 ◇第2試合 帝京(東京)―大垣日大(岐阜・希望)

 序盤の攻防が勝敗のカギを握る。帝京打線は準々決勝までの3試合、いずれも2回までに6点差以上をつけた。立ち上がりを一気に攻略する。4番中村を中心とした攻撃力は4強随一。右手指を負傷した大田が休養できたこともプラス材料だ。

 逆に大垣日大は、エース森田が3試合とも完投。疲れが気になる。希望枠で選出された堅守で序盤をしのぎ、接戦から勝機を見いだしたい。

 紫紺の優勝旗まではともに3連戦になる。優勝経験がある前田、阪口両監督の采配も見ものだ。





ここから広告です

広告終わり
ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.