アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

駒苫動き軽快、前橋商は浜風対策徹底 甲子園練習

2005年08月02日

■駒大苫小牧

 守備練習に力を入れ、クッションボールの処理や飛球への浜風の影響など球場の特徴を頭にたたき込んだ。南北海道大会7試合を無失策で勝ち上がってきただけあって、動きは軽快。2年連続の優勝がかかるが、香田監督は「甲子園に優勝旗を返しにくるという重圧が、ほどけた。あとは全国の強豪と戦うだけ」と挑戦者を強調した。

■前橋商

 正選手でない3年生も加わり、守りの練習に専念した。いつものノックより飛球を多く打ち上げ、浜風対策を徹底。ゴロをはじく場面も見られたが、富岡監督は「緊張していたため。状態は悪くない」と意に介さない。夏の甲子園は19年ぶりだ。野口主将は「監督から雰囲気にのまれるな、と言われている。1勝を贈りたい」と誓った。


高校野球関連記事 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各代表校のページ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ 天気

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.