アサヒ・コム ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ > 

速球の大阪桐蔭・辻内ら個性派そろう 注目の投手

2005年08月02日

写真

大阪桐蔭・辻内投手

写真

関西・ダース投手

 第87回大会の開幕を6日に控え、注目の選手を「投」と「打」の2回に分けて紹介する。

 投手は大阪桐蔭の二枚看板が目を引く。最速150キロを超えるというエース辻内は183センチの大型左腕。右腕の中田は1年生ながら140キロ台後半の速球を武器とする。1日の甲子園練習では、その球威を披露し、スタンドを沸かせた。

 林、斉藤(ともに福井商)も充実している。右腕の林は今春の選抜大会で好投するなど、実績十分。左腕斉藤は福井大会決勝で完投し、勢いに乗る。

 昨夏の選手権決勝で対戦した両チームは昨年から松橋(駒大苫小牧)、福井(済美)が残る。地方大会では本調子でなく、復調が期待される。松下(明徳義塾)、柳田(青森山田)は春夏合わせて3度目の甲子園マウンドと経験豊かだ。

 今春の選抜大会を制した斉賀(愛工大名電)は、愛知大会で制球難に苦しんだが、「フォームは良くなってきた」と話す。今春8強の前嵩(沖縄尚学)は沖縄大会5試合、36回で4四死球と抜群の制球力を見せた。

 初出場組にも好右腕がいる。湯本(藤代)は茨城大会6試合を投げ切り、49代表の投手で最多の55三振を奪った。米村(別府青山)は大分大会準決勝で、全国屈指の剛腕・山口俊(柳ケ浦)と互角に渡り合った。背番号「1」以外でも、キレのいい直球と多彩な変化球がありインド人を父に持つ190センチのダース(関西)、1年生と思えぬ落ち着いた投球をする本田(京都外大西)ら、個性派ぞろいだ。

   ◇

【注目投手の成績】

          学年 試合数 投球回    被安打 奪三振 四死球 失点

松橋(駒大苫小牧) 3    3 20 1/3  10  24   5  4

柳田(青森山田)  3    3 14       8  17   2  1

湯本(藤代)    3    6 52      32  55  17  8

斉賀(愛工大名電) 3    3 20 2/3  13  20  23  5

林 (福井商)   3    2 13       9  17   6  2

斉藤(福井商)   3    2 14      11  13   4  5

本田(京都外大西) 1    6 22      10  23   7  1

辻内(大阪桐蔭)  3    5 28 1/3  17  45  22  6

中田(大阪桐蔭)  1    4 14 2/3  12  17   5  5

ダース(関西)   2    3 25      12  19   7  3

福井(済美)    3    6 36      25  39  17  9

松下(明徳義塾)  3    4 28      19  21   9  4

米村(別府青山)  3    6 41      32  22  10 11

前嵩(沖縄尚学)  3    5 36      23  25   4  5


高校野球関連記事 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各代表校のページ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ 天気

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.