ここから本文エリア

2012年10月28日0時36分
このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎代表の諫早、初戦で姿消す 九州地区高校野球

写真:マウンドに駆け寄った土井豊捕手(左)と話す馬場康一郎投手=県営拡大マウンドに駆け寄った土井豊捕手(左)と話す馬場康一郎投手=県営

 長崎市で開幕した第131回九州地区高校野球大会は第1日の27日、創成館が神埼清明(佐賀)を下して2回戦に進んだ。17年ぶりの九州大会出場となった諫早は初戦で姿を消した。

 創成館は29日午前10時から県営野球場で、鹿児島1位の鹿児島情報と対戦する。

 長崎市総合運動公園かきどまり野球場の佐世保実―宮崎日大は雨のため28日に順延された。決勝の日程も変更され、11月2日正午開始となった。

     ◇

(熊本工1―0諫早)

 春夏計39回の甲子園出場経験をもつ強豪・熊本工を相手に、諫早の1年生エース馬場康一郎君が8回を1失点で投げ抜いた。あと一歩の惜しい試合。「何度も守備に助けられた。もっと勝てる投球をしたい」と馬場君は振り返った。

 0―0の4回1死二塁、高めに浮いたスライダーをとらえられた。右越えの適時三塁打で1点を奪われ、これが決勝点になった。

 甘い球は「足腰の弱さが原因」と自己分析した。だが、村松喜彦監督は「馬場が投手だったから、ここまでこられた」とほめた。

 やはり1年生の土井豊捕手とは諫早市の中学生選抜チーム以来、バッテリーを組む。2人でチームを引っ張って甲子園に出場するのが中学時代からの目標だ。村松監督は「冬を越えればさらに成長する」と期待している。(井口恵理)

検索フォーム

学校検索使い方

ここから広告です
広告終わり

高校野球都道府県ニュース

朝日新聞デジタル 高校野球フェイスブック公式ページ 朝日新聞西部本社 高校野球ツイッター

ピックアップ

夏の甲子園2013DVD販売決定
第95回全国高校野球選手権記念大会(夏の甲子園)の全48試合を1試合ごとにDVD化。昨年(第94回大会)の試合も販売中!
球場で流れる校歌を集めたCD販売
第95回全国高校野球選手権記念大会の出場校校歌を集めたCDが発売。球場で流れる音源を夏の思い出に!

「WEBRONZA」スポーツ

webronza沖縄高校野球、強さの秘密
我喜屋マジック。スタンダード化する興南スタイル

野球関連商品

朝日新聞社インフォメーション

リンク

携帯サービス

QRコード 朝日・日刊スポーツ
甲子園のリアルタイム速報は、携帯サービスでもお届けします。
QRコード 朝日日刊インサイト
球児たちの涙、勝敗の裏側に迫ります。
QRコード ニュースEX
甲子園のリアルタイム速報、スポーツやエンタメ情報も満載!