メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長野大会の展望

佐久長聖、崩れぬエース

 春の北信越大会準優勝の佐久長聖が軸。主将の真銅ら昨夏の長野大会で準優勝した主力の大半が残り、得点力は県内随一。エース林はピンチで崩れない強さを身につけた。
 春の県大会準優勝の上田西は、俊足の斎藤、荒井を中心に機動力を使って得点する。投手陣は直球に球威のある塚田に加え、秋に内野手から転向した横尾が柱に成長した。
 昨夏の覇者・松商学園は、エース直江に続く2番手投手と打撃陣が課題。右腕高山を擁し、昨秋の県大会で松商学園、佐久長聖を破って初優勝したウェルネス筑北、ともに最速140キロ台の右腕、小林綾(りょう)と絃(げん)の双子がいる松本深志や、小諸商、長野西なども追いかける。(大野択生)

長野戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら