メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16強組み合わせ

アニメーションアニメ再生

    三重大会の展望

    三重「イケイケ」持ち味

     今春の選抜4強の三重が一歩リードする。昨夏覇者の津田学園、春の東海大会準優勝のいなべ総合が後を追い、菰野、津商が続く。
     三重は、バントを極力使わない攻撃的な「イケイケ野球」が持ち味。甲子園を経験した定本、福田ら投手層も厚い。津田学園は昨夏も中心だった上下、仲林に加え、長打力もある宮野らが攻撃の要。いなべ総合は、タイプの異なる投手からエース石川への継投で粘り強く戦う。菰野は、150キロの直球を持つ田中が投打で引っ張る。津商は服部恭―服部哲の双子バッテリーを中心に守りも堅い。
     松阪商、宇治山田商、白山などもノーシードから上位を狙う。(甲斐江里子)

    組み合わせ

    ※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

    三重戦績

    • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
    • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

    春季・秋季大会

    • 春季大会 試合結果ページはこちら
    • 秋季大会 試合結果ページはこちら