朝日新聞デジタル

ここから本文エリア

地域ニュース
2013年11月12日0時48分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関東一サヨナラV 甲子園濃厚に 秋季東京都高校野球

写真:二松学舎大付―関東一 10回裏関東一2死二塁、山口がサヨナラとなる適時打を放ち、生還した二塁走者伊藤(5)を迎え入れる選手ら=神宮拡大二松学舎大付―関東一 10回裏関東一2死二塁、山口がサヨナラとなる適時打を放ち、生還した二塁走者伊藤(5)を迎え入れる選手ら=神宮

写真:サヨナラ打を放った関東一の山口太誠君=神宮拡大サヨナラ打を放った関東一の山口太誠君=神宮

写真:力投する二松学舎大付の投手岸田康太君=神宮拡大力投する二松学舎大付の投手岸田康太君=神宮

 秋季都高校野球大会(都高野連主催)は神宮球場であった10日の決勝で、関東一が二松学舎大付を延長10回7―6で下し、2年ぶり3回目の優勝を決めた。関東一は来春の選抜高校野球大会への出場が濃厚になった。関東一は16日から開かれる明治神宮野球大会に出場し、全国各地域の優勝校と対戦する。

     ◇

 追いつ追われつの接戦で勝敗を分けたのは機動力。関東一は同点の10回、2死一塁から伊藤が二盗に成功。山口が右翼線に適時打を放ち、サヨナラ勝ちした。1年生左腕の阿部が5回途中から登板し、二松学舎大付の強力打線を1点に抑える好救援。二松学舎大付は、関東一を上回る13安打を放ちながら、9回2死満塁で三飛に倒れるなど、阿部を打ち崩せなかった。守備面でも四死球や失策による序盤の失点が響いた。

■フルスイングで雪辱

 【米田優人】10回裏2死二塁。関東一の4番打者、山口太誠君(2年)が内角直球を鋭く振り抜いた打球は、右翼線の人工芝に弾んだ。サヨナラ勝ち。ベンチから飛び出してきた仲間と抱き合い、うれし涙があふれた。「こんな場面で打てるなんて想像してなかった」

 二松学舎大付はこの夏の東東京大会準決勝でコールド負けした相手。スタンドで声援を送っていた山口君は先輩が悔し泣きする姿を目に焼き付けた。「秋で優勝して借りを返したい」。熱い思いとは裏腹に、思うようなフルスイングをできず、練習試合でも結果が出なかった。今大会前に渡された背番号は「17」。「ベンチに入れるだけでもありがたい状態だった」

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

最新地域ニュース

地域ニュース一覧

学校検索使い方

ここから広告です
広告終わり

高校野球都道府県ニュース

朝日新聞デジタル 高校野球フェイスブック公式ページ 朝日新聞西部本社 高校野球ツイッター

ピックアップ

夏の甲子園2013DVD販売決定
第95回全国高校野球選手権記念大会(夏の甲子園)の全48試合を1試合ごとにDVD化。昨年(第94回大会)の試合も販売中!
球場で流れる校歌を集めたCD販売
第95回全国高校野球選手権記念大会の出場校校歌を集めたCDが発売。球場で流れる音源を夏の思い出に!

「WEBRONZA」スポーツ

webronza沖縄高校野球、強さの秘密
我喜屋マジック。スタンダード化する興南スタイル

野球関連商品

朝日新聞社インフォメーション

リンク

携帯サービス

QRコード 朝日・日刊スポーツ
甲子園のリアルタイム速報は、携帯サービスでもお届けします。
QRコード 朝日日刊インサイト
球児たちの涙、勝敗の裏側に迫ります。
QRコード ニュースEX
甲子園のリアルタイム速報、スポーツやエンタメ情報も満載!