ここから本文エリア

地域ニュース
2012年10月26日0時55分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

千葉国際高・相内投手「上位でびっくり」 西武2位指名

写真:西武から2位指名され、同級生らに祝福される相内誠投手(中央奥)=千葉国際高校拡大西武から2位指名され、同級生らに祝福される相内誠投手(中央奥)=千葉国際高校

写真:西武から2位指名を受けて笑顔で会見する相内誠投手(左)=千葉国際高校拡大西武から2位指名を受けて笑顔で会見する相内誠投手(左)=千葉国際高校

 25日のプロ野球ドラフト(新人選択)会議で、千葉国際高(君津市)の相内(あいうち)誠投手が埼玉西武ライオンズから2位、JFE東日本(千葉市)の田面(たなぼ)巧二郎投手が阪神タイガースから3位にそれぞれ指名された。

 この日、相内投手は高校で高瀬忠章監督とテレビ中継を見守った。名前が読み上げられると、硬かった表情に笑顔がこぼれ、監督と握手を交わした。「上位でびっくりした」と相内。184センチの長身を生かした直球に加え、スライダーやフォークなど多彩な変化球が持ち味だ。今夏の千葉大会では注目されながらも登板2試合で計25球に終わっただけに、「その分もプロで投げたい」と意気込んだ。

 同高にとって初めてのプロ野球選手の誕生となる。高瀬監督は「球団には未知数なところに期待をもってもらえたのだと思う。力を思いきり発揮してもらいたい」と語った。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム