アサヒ・コム 高校野球 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe
現在位置asahi.comトップ > 高校野球 > ニュース > 群馬
ここから本文エリア

群馬

群馬大会組み合わせ ブロック別注目ポイント

2006年06月15日

各ブロックのみどころ

 シード校以外にも強豪校がひしめく今大会だが、初戦では強豪校はほぼ分散。同じ地域の学校同士がぶつかるなど初戦から見どころは多そうだ。

▽Aブロック 桐生市商が迎え撃つ

 春の県予選優勝の桐生市商が中心。関東大会での1勝も自信となった。主戦川守田は伸びのあるストレートと変化球を投げ分ける。打線も俊足の藤田、勝負強く巧打の黒田らがいて、波に乗れば強い。

 その前に立ちはだかるのは、ノーシードから連覇を狙う昨夏の優勝校前橋商と、積極的な打撃を持ち味に今春8強入りした伊勢崎興陽か。

 前橋商は昨夏からのレギュラー春山、2年生の樺沢、富沢ら破壊力抜群の打線で、制球力が持ち味の主戦西形を援護したい。伊勢崎興陽、前橋商は昨夏、昨秋とも4回戦で対戦し、前橋商が制した。今夏も勝ち進めば同じく4回戦で対戦する。

▽Bブロック 力伯仲、厳しい戦いも

 前橋工、前橋の2シード校に、前橋育英、高崎などを加え実力伯仲の厳しい勝負もありそうだ。

 前橋工は速球で押す主戦剣持と主将で捕手の武居のバッテリーを中心に守備が堅い。前橋は変化球が持ち味の主戦小泉の投球次第で上位を狙える。前橋育英は2年生投手倉上ら投手陣と、好打者の茂木を擁するなど攻守にまとまりがある。

 伊勢崎商―前橋育英、高崎工―前橋工の各勝者が対戦する3回戦がひとつの山場。勝ったチームがそのまま波に乗るか。

 伊勢崎、太田、利根沼田地区と、近隣同士の学校が固まったのも特徴。初参加の伊勢崎清明は、現校名最後の出場の伊勢崎東と対戦する。

▽Cブロック 桐生第一、攻守に安定

 ノーシードながら夏にはきっちりチームを仕上げる桐生第一が本命。シード校の榛名、明和県央も4強進出を狙う。ともに地力のある桐生と樹徳の、地元桐生球場での初戦も見ものだ。

 桐生第一は攻守にバランスが良く力がありシード校に引けを取らない。昨秋は4回戦、今春は3回戦で敗退しているが、全国制覇に導いた福田監督も復帰した今夏は、力を発揮できるか。

 榛名は右本格派の主戦宮嶋がけがから復帰。本調子で投げられれば、4強入りした春の勢いも増す。明和県央のレギュラー陣は1年次から公式戦経験が豊富。右の松本、左の久保の2投手も安定している。

▽Dブロック 実力校そろい混戦か

 春の県予選準優勝の東農大二、今春選抜出場の高崎商、北毛から初の甲子園を狙う沼田など実力校がそろい、混戦を極めそうだ。

 東農大二は速球で押す奥木、変化球が持ち味の鹿島とタイプの異なる2投手が最大の武器。2年生の井野、小柴や昨夏も活躍した臼田を中心に打線も力がある。高崎経済大付との初戦が鍵だ。

 高崎商は春の選抜以降、各ポジションで層が増した。沼田は木村、大木ら好投手と、攻守の要の井上将を中心に力がある。

 関東学園大付は昨夏準優勝の太田市商と初戦。勝ち進めば好投手武藤を中心に台風の目にもなり得る。


高校野球関連記事 一覧

選抜出場校
北海道 北海道栄 旭川実  
東北 秋田商 光星学院  
関東
東京
成田 高崎商 東海大
相模
横浜 早稲田実 東海大
菅生
東海 岐阜城北 愛知啓成  
北信越 高岡商 日本文理  
近畿 履正社 智弁
和歌山
PL学園
京都
外大西
神港学園 北大津
中国 関西 岡山東商 南陽工
四国 小松島 今治北  
九州 清峰 伊万里商 延岡学園
八重山
商工
   
21世紀 真岡工 金沢桜丘  
希望 一関学院    
マイタウン(地域情報)

リンク

日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.