メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

16強組み合わせ

アニメーションアニメ再生

    熊本大会の展望

    文徳と九州学院 実力安定

     優勝争いの中心は、昨秋と今春の県大会を制した文徳と、いずれも準優勝の九州学院。ただ、力をつけたチームが多く、例年にない混戦になりそうで、初戦から見応えのある試合が期待できる。
     文徳と九州学院は、チーム力が高く、安定して実力を発揮している。昨夏まで4季連続甲子園出場の秀岳館は、優勝から遠ざかっているが、地力があり、仕上がり次第で大会の行く末を左右しそうだ。
     注目の右腕浅田を擁する有明や、NHK旗を制した球磨工など他のシード校も勢いがある。今年度で閉校する多良木、昨年の選抜出場メンバーが多く残る熊本工など、ノーシードの公立校の戦いぶりにも注目したい。(杉山歩)

    組み合わせ

    ※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

    熊本戦績

    • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
    • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

    春季・秋季大会

    • 春季大会 試合結果ページはこちら
    • 秋季大会 試合結果ページはこちら