高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース>石川> 記事

石川ニュース

支え合い、助け合ってつかんだ2勝 金沢の戦い振り返る

2011年8月18日1時0分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:試合に敗れスタンドの応援団へのあいさつに向かう金沢の選手たち=関田航撮影拡大試合に敗れスタンドの応援団へのあいさつに向かう金沢の選手たち=関田航撮影

 第93回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)に出場し、ともに好投手を擁する相手校を破って2勝を挙げた金沢(石川)。昨秋から勝利と敗北を重ねて成長してきた選手たちは、その集大成とも言える選手権大会で力を大きく開花させた。金沢の甲子園での熱戦を振り返る。

 1回戦の伊勢工(三重)戦では無失策の堅い守備と中軸打線の活躍が光った。初戦敗退を喫した春の選抜大会の雪辱を誓って臨んだ試合。最初は硬さがあったが、6番の越田貴之(3年)が持ち前の長打力で二塁打を放ち先制。石川大会では打率が1割台と低迷した越田だったが、6回にも今大会第1号となる本塁打を放ち、勝利を決めた。

 2回戦、聖光学院(福島)戦では、春から甲子園では打てなかった1番打者桜吉宏樹(3年)と3番中村優作(2年)が力を発揮。プロも注目の相手エースから4点を奪った。

 3回戦の習志野(千葉)戦では、緩急を使った相手投手の投球に苦しめられた。だが1点を追う9回、2死一、二塁の好機を作ると、丹保雄志(3年)はファウルで粘った。「なんとしてもつなぐ」と放った打球は鋭く一、二塁間へ飛んだが、二塁手に好捕され、8強はかなわなかった。

 「最後の夏」に賭ける3年生たち。そんな先輩に、一つでも多く勝利を、と奮闘する2年生たち。全ての試合で、そんな選手たちの強い思いを感じた。

 3日の組み合わせ抽選会では、主将の石田翔太(3年)が県代表として24年ぶりに開会式での選手宣誓を引き当てた。宣誓で石田が「支え合い、助け合い、がんばろう」と誓ったその言葉通り、金沢はチーム全員が互いに支え合い勝利へ向かって進んでいた。

 参加部員全員でのグラウンド整備中、主将の石田が報道陣に取材を求められた。トンボを持ったまま報道陣の取材に応える石田の後ろを通った部員が、さりげなくそのトンボを預かり、片付けた。

 一塁ランナーコーチを務めた岩崎佑太(3年)。皆で石川大会を勝ち抜き、出場を果たした甲子園で「試合に出たいという気持ちはもうありません」と話していた。仲間のために相手チームのノック練習を観察して守備の癖をつかみ、試合では一塁の横で腕を振り続けた。そんな岩崎が3回戦の最終回、代走に起用され、グラウンドを走った。

 16日間チームに同行し、グラウンドの上でだけでなく、私生活の中でも互いを思いやる姿を見た。チームの力の源泉となる『絆』を垣間見た思いがした。=敬称略(大野晴香)

検索フォーム

このページのトップに戻る