高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース>石川> 記事

石川ニュース

加古川北、積極走塁光る 選抜高校野球第2日

2011年3月24日16時43分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:加古川北―金沢 8回表加古川北2死一、二塁、都倉の左前安打で二塁走者渋村が生還。捕手丹保=中里友紀撮影拡大加古川北―金沢 8回表加古川北2死一、二塁、都倉の左前安打で二塁走者渋村が生還。捕手丹保=中里友紀撮影

(24日、加古川北4―0金沢)

 加古川北はエース井上が変化球主体の投球で2安打に抑えて今大会初完封。攻撃でも積極的な走塁で相手守備のミスを誘い、金沢の好右腕釜田を攻略した。金沢は1回1死一、二塁の先制機を併殺で逃すと、その後も三塁を踏めず、5回2死まで無走者に抑えた釜田を援護できず。

 ●浅井監督(金) 「相手の機動力の対策はできていたが、慌ててしまった。釜田は成長している。先手を取ってやりたかった」

検索フォーム

このページのトップに戻る