メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島大会の展望

広島新庄、右腕2人が鍵

 春の中国大会で初優勝した広島新庄が軸になる。連覇を狙う広陵、昨秋の県大会を制した盈進(えいしん)、春の選抜に出た瀬戸内がノーシードから追う。
 広島新庄はスリークオーターから最速145キロの直球を投げるエース竹辺と桑田の両右腕が、緩急を使って抑える。昨秋以降の全試合のチーム打率は4割超。古川智、河内恭は2年前の夏の甲子園で打席に立った経験がある。
 広陵は右腕森悠と左腕石原がともに球速140キロ台。吉岡と高田の二遊間は隙が無く、打線の調子も上向きだ。
 春の県大会8強の如水館や、公立校の西条農、呉、大竹なども力がある。ノーシードに実力校が多く、組み合わせが命運を握る。(新谷千布美)

広島戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら