メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岐阜大会の展望

中京学院大中京がリード

 春の県大会優勝の中京学院大中京が一歩リードする。2年生左腕不後、3年生右腕岡本など好投手に加え、藤田健、藤田龍ら中軸に強打者がそろい、攻守に隙が無い。
 昨夏の覇者、大垣日大は春の県大会こそ本調子ではなかったが、例年、夏にピークを合わせてくる。春の県大会準優勝の帝京大可児も有力だ。東海大会で好投した右腕近藤と左腕則兼の継投で相手打線に隙を与えない。
 6年ぶりの夏の甲子園出場を目指す県岐阜商は、同校の卒業生で昨年まで秀岳館(熊本)を率いた鍛治舎巧氏を監督に迎え、古豪復活を狙う。シード入りした関商工、岐阜、岐阜総合学園、郡上も上位をうかがう。(松沢拓樹)

岐阜戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら