メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東東京大会の展望

関東一や帝京など混戦

 本命といえる学校はなく、大会までの戦力の底上げが結果を大きく左右しそうだ。
 関東一は投打のバランスが良く、攻撃は屈指の好打者・石橋や広角に打てる斎藤が中心で足も絡められる。帝京は1年から出場するエース松沢と、主軸の田中が鍵を握りそう。昨夏の覇者・二松学舎大付は、主将の平間らの打線に昨年以上の破壊力がある。
 昨秋の都大会4強の日大豊山は試合運びがうまく、錦城学園は冬を越えて選手の体が大きくなりパワーが増した。立正大立正は打線に切れ目がなく、昨夏8強の上野学園も力を伸ばしている。都立勢は、春8強の小山台(こやまだい)はエース戸谷の奮起にかかる。城東は守りが堅い。(阿部健祐)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

東東京戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら