メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東兵庫大会の展望

滝川二、俊足巧打に注目

 春季近畿大会4強の滝川二、春季県大会3位の市尼崎、投打に力がある神戸国際大付や報徳学園などが軸になりそうだ。滝川二は春季近畿大会でランニング本塁打を放った高島ら俊足巧打の選手が打線を築き、守備も堅調。旧制滝川中野球部創部100周年の夏に賭ける。
 市尼崎は制球力にたけた竹中を中心とする粘り強い守りが持ち味。神戸国際大付は昨年甲子園で2打席連続本塁打の強打者谷口がケガから復帰。打線が勢いづく。報徳学園は走攻守そろった昨年の高校日本代表、小園を筆頭に、力のある選手が集まる。神港学園、須磨翔風、関西学院、神戸弘陵など実力校の戦いぶりも注目される。(山崎毅朗)

東兵庫戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら