アサヒ・コム 第87回全国高校野球選手権大会 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  高校野球  >  第87回選手権  > 愛媛  > ニュース
愛媛

  62チーム(前年比−1)

メニューをとばして、このページの本文エリアへ

済美、応援旗贈呈や壮行会「県代表として懸命プレー」

2005年08月02日

 第87回全国高校野球選手権愛媛大会で優勝し、2年連続で夏の甲子園に出場する済美高校の選手らを励まそうと1日、応援旗贈呈式や壮行会が開かれた。

 午前中に県庁であった応援旗贈呈式には、済美の野沢善浩校長、上甲正典監督、林憲道・野球部長、福井優也主将、県高校野球連盟の土居昌幸会長、小倉好正理事長が出席。加戸守行知事が「決勝で敗れた西条をはじめ、涙をのんだ61校分の思いを忘れずに思い切り戦ってきて欲しい」と述べ、野沢校長に応援旗を手渡した。

 この後、6人は朝日新聞松山総局を訪れ、甲子園出場の報告をした。

 午前11時半から松山市役所前広場であった壮行会には、選手73人全員が出席した。選手を一目見ようと集まった約300人の市民や市職員らで埋まった。

 中村時広市長は、愛媛大会準々決勝、決勝で済美が逆転の末に勝利をつかんだことを取り上げ、「県の野球史に残る最高の戦いだった。甲子園でも自信を持って臨んでほしい」と激励。福井主将は「県の代表として一生懸命プレーするので、応援をよろしくお願いします」とお礼を述べた。

 選手らは午後、学校で生徒や先生に見送られ、甲子園行きのバスに乗り込んだ。途中、必勝祈願のため、西条市の石鎚神社に寄り、兵庫県尼崎市内の宿舎に向かった。

 大会は6日から。組み合わせ抽選会は3日に行われる。


愛媛大会のニュース 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

済美フォトギャラリー

済美の甲子園までの道のりを写真で振り返ります。

各代表校のページ

ここから広告です 広告終わり
日程
8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23        
日本高野連
日本学生野球協会
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ高校野球トップニュース代表校 日程 特集大会データ 天気

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.