アサヒ・コム 第87回全国高校野球選手権大会 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  高校野球  >  第87回選手権  > 愛媛  > ニュース
愛媛

  62チーム(前年比−1)

メニューをとばして、このページの本文エリアへ

エース、「王者」に善戦 今治北・山本喬也投手

2005年07月25日

 打球がぐんぐん伸びていく。中堅手は後ろを向いたまま。打球はそのまま左中間スタンドに突き刺さった。土壇場の8回裏、済美の9番・渡部に逆転3点本塁打が飛び出した。今治北のエース山本喬也はスタンドの方を向いたまま、しばらく動けないでいた。

 山本は2年生投手西原圭大を救援し、4回裏からマウンドにあがった。内角高めの直球と外角へのカーブがことごとく決まる。この回、済美の4番沢良木、5番福井を連続三振に斬(き)って取った。「王者を倒せる」。試合中、何度も思った。

 山本をはじめ、はつらつとプレーする選手たちの姿に、木村匠監督は何度も目を見張った。大会前、選手たちの気の弱さに一抹の不安をもっていたからだ。気後れするどころか、昨年の覇者を崖(がけ)っぷちまで追いつめていた。

 そして8回、1死一、三塁のピンチ。山本は渡部との勝負球に自信のカーブを選んだ。しかし、山本にはもう握力がなくなっていた。抜けたカーブが真ん中に入った。打球はゆっくり弧を描いてスタンドに消えた。

 試合後、山本はしゃくり上げるように泣いた。これまでに味わったことのない悔しさが、こみ上げてきた。そしてほかの選手たちと抱き合って、健闘をたたえ合った。選手たちの成長ぶりを一番理解していた木村監督が、そんな山本たちに大きな声で言った。「胸を張って帰ろう」


愛媛大会のニュース 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各都道府県ページ

ここから広告です 広告終わり
試合結果
        14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27      

リンク

    日本高野連
    日本学生野球協会
    ▲このページのトップに戻る

    asahi.comトップ高校野球トップニュースみどころ特集大会データ日程観戦ガイド天気

    ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
    Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.