メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛大会の展望

私学3校を公立勢追う

 昨夏の甲子園で2勝した済美、春の選抜大会に出場した松山聖陵、創部3年目で春の四国大会準優勝の聖カタリナの私学3校を軸に、西条、宇和島東などの公立勢が追う。
 済美は、打力で特徴だった昨夏のチームとは違って投攻守でバランスがとれ、エース山口直は球威、制球力ともいい。松山聖陵は甲子園で147キロをマークした土居を中心に粘り強さがある。聖カタリナは冬場の振り込みで打力がアップ。4番大森、5番伊藤がチームを引っ張る。
 西条は公立唯一のシード校で、エース清木(せいき)は落ち着いた投球が強み。左腕2人を擁する宇和島東、昨秋と今春の県大会で8強に入った今治西にも注目だ。(寺田実穂子)

愛媛戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら