メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東千葉大会の展望

木更津総合、打線に破壊力

 2年連続で甲子園に出場している木更津総合が頭一つ抜きでている。昨秋の県大会王者の拓大紅陵や、今春の関東大会に出場した千葉黎明などが追いかける構図だ。
 木更津総合は打線に破壊力があり、今春の関東大会では3試合で計31得点を挙げた。
 エース白井に加え、根本や野尻らも力をつけており、投手陣の層が厚い。拓大紅陵は広岡、水島を中心に打力があり、右腕安藤は多彩な変化球を投げ分ける。千葉黎明は県選抜の経験がある渡部が投手の軸で、打線の強化が上位進出のカギになりそうだ。
 強肩強打の好捕手田宮を擁する成田や昨夏の千葉大会4強の検見川にも注目したい。(松島研人)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

東千葉戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら