スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高知、満塁機生かせず 秋季四国高校野球、決勝進出逃す

2022年11月6日10時30分

朝日新聞DIGITAL

 来春の選抜大会の選考資料となる第75回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)は5日、高松市のレクザムスタジアムで準決勝があり、英明(香川1位)と高松商(同2位)が勝って選抜大会出場へ前進した。決勝は6日午前10時から同球場で行われる。英明は2014年以来の、高松商は18年以来の優勝をめざす。

 英明は高知(高知2位)に4―2で競り勝ち、高松商は鳴門(徳島1位)を4―1で破った。来春の選抜大会の一般選考枠は中国・四国で計6校。第95回記念大会で、四国は例年より1校多い3校。中国は2校。残り1校は両地区を比較して選ぶ。

     □

 ▽準決勝

英明 010 020 010―4

高知 001 000 010―2

鳴門 000 000 100―1

高松商 100 110 10×―4

     ◇

 高知は好機を何度も作ったが、あと一本が出なかった。

 同点の四回、2死一、二塁。主将の西村侑真君(2年)が打席に立った。「後ろにつなごう」と思ったが、インコースの球をファウルにできずに三振。その後も相手投手の伸びる球をなかなか打てなかった。

 3点を追う八回、1死一、三塁から高木心寧君(2年)の内野ゴロの間に1点を挙げ、2点差に迫る。九回は四球から2死満塁と粘ったが、最後は四番の山平統己君(2年)が捕手へのファウルフライに倒れた。山平君は「絶対に打とうという気持ちが強くて空回りした」と振り返る。

 守備では五回、エラーで先頭走者を出して2点を失った。八回にはスクイズを外しながら、その後の悪送球で失点した。

 浜口佳久監督は「守備のミスが出て、三者凡退の回も少なく、攻撃のリズムにいかなかった」という。

 四国大会の決勝には進めなかったが、3試合で多くの投手が登板するなど得られたものもある。チームは冬の間にさらなるレベルアップを目指す。(鈴木芳美)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ