スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

健大高崎、4年連続の初戦突破 公式戦初スタメンが流れ引き寄せる

2022年10月23日10時45分

朝日新聞DIGITAL

 第75回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)が22日、埼玉県で開幕した。群馬県勢は健大高崎(群馬1位)が青藍泰斗(栃木2位)に4―2で逆転勝ちし、4年連続の初戦突破を果たした。23日は、初出場の明和県央(群馬2位)が専大松戸(千葉1位)と対戦する。この大会は、来春の選抜大会出場の判断材料になる。

     ◇

 公式戦初スタメンの3番打者が流れを引き寄せた。

 健大高崎は2点を追う三回。2死二、三塁の好機で、3番の堀江大和(2年)が打席に立った。165センチとチーム一小柄な堀江。「体が小さい分、フルスイングで遠くに飛ばす」と決めていた。

 2球で追い込まれた。二塁走者は俊足の増渕晟聖(2年)。バットに当てて野手の間を抜ければ同点になりそうな場面だが「一か八かのフルスイング」を貫いた。4球目の変化球にタイミングが合った。フルスイングした分、打球は右翼手の頭上を大きく超え、同点の適時二塁打となった。

 右翼手で出場した堀江だが、今月上旬までは控え捕手。出場機会は限られていた。青柳博文監督が認める「思い切りの良い打撃」を生かすには試合に出るしかない。10月に入り、外野の練習に挑戦した。引退した3年生に頼んで外野用グラブを借り、練習に励んだ。

 その守備では反省が残った。打球への1歩目が遅れ、フライを捕球できなかった場面があったからだ。堀江は「今日は打撃で守備のミスを取り返すことができてホッとしています。次も勝って、甲子園に近づきたいです」と笑顔だった。(吉村駿)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ