スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

氷見、富山第一、準々決勝で敗退

2022年10月17日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 第147回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は16日、新潟県の2球場で準々決勝4試合があった。富山勢は県大会1位の氷見が松商学園(長野1位)に、富山第一(富山3位)が福井商(福井2位)にそれぞれ敗れ、県勢は姿を消した。

 6点を追う七回表の氷見の攻撃。連打と死球で二死満塁の好機に9番松井康祐(2年)が打席に入った。

 「なんとしても打つ」。狙い球の変化球を見逃さず、打球は中前へ。2点を返し、それまで1安打だった打線が意地をみせた。

 夏の県大会決勝で負けた悔しさをバネに打力と走塁を強化し、秋の県大会を制した氷見。北信越の初戦では守り勝つ野球もみせた。主将の大沢祥吾(2年)は「この2試合は良い経験になった。夏の県大会で優勝し、甲子園に行きたい」と話していた。

 前日の新潟明訓(新潟1位)戦で快勝した富山第一。この日は福井商のエースの巧みな投球を攻めきれなかった。主将の大島昊河(こうが)(2年)は「初戦で力を出しきって勝てた経験は大きいが、今日の敗戦で課題も見つかった。それを克服し、甲子園で戦えるチームになる」と誓った。(長屋護)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ