スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

中越が星稜破り準々決勝へ、新潟明訓、東京学館新潟、日本文理は敗退

2022年10月16日10時45分

朝日新聞DIGITAL

 【新潟】第147回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)が15日、新潟市のハードオフ・エコスタジアム新潟など県内3球場で1回戦8試合があった。県勢では、中越(新潟2位)が今春の選抜8強の星稜(石川2位)に競り勝ったが、ほかの3校は姿を消した。日本文理(新潟4位)は松商学園(長野1位)に中盤までリードしながらサヨナラ負け。新潟明訓(新潟1位)は富山第一(富山3位)に、東京学館新潟(新潟3位)は日本航空石川(石川1位)に敗れた。

 16日の準々決勝で、中越は敦賀気比(福井1位)と長岡市悠久山野球場で対戦する。

     ◇

 新潟明訓の投手陣は、島田修監督が「この2人で勝ってきた」という樋口歩夢、荒川明日瑠(いずれも2年)の左腕2人が継投した。中盤、接戦に持ち込む場面もあったが、2人合わせて計15被安打で11失点を喫した。

 北信越大会前にチーム内に新型コロナの感染者が出た関係で調整に狂いが生じたが、「結果を見ると関係なかったですね」と島田監督。チームを北信越の舞台に導いた2投手は「県大会で対戦した打者と比べて、富山第一打線はスイングが速く、詰まったと思っても外野手の前に落ちた」と声をそろえた。5失点した六回、自らのバント処理の悪送球が絡んでピンチを広げ、直球を痛打された荒川は「フィールディング、変化球の精度を磨いて来夏は甲子園に行きたい」と力を込めた。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ