スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

作新学院と青藍泰斗が決勝進出、関東大会へ

2022年9月27日10時45分

朝日新聞DIGITAL

 第75回秋季県高校野球大会は26日、準決勝2試合が宇都宮清原球場であり、作新学院と青藍泰斗が決勝進出を決めた。両校は10月22日から埼玉県で開かれる秋季関東大会に出場する。作新学院が4年ぶり25回目、青藍泰斗が3年ぶり6回目の出場となる。関東大会での成績は、来春の選抜大会出場の選考材料になる。県大会の決勝は28日、清原球場で行われる。(津布楽洋一)

     ◇

 作新学院が投手5人など計16選手を使う総力戦で、佐野日大に競り勝った。2点をリードされた六回、作新学院は沢田が二塁打、磯が本塁打を放って同点とした。延長十回には高森、沢田の連打などで満塁とし、高森が相手守備陣のすきをついて本塁への盗塁を決め、勝ち越し点を挙げた。

 小針監督は「中盤以降、好機を得点につなげられなかったが、投手陣が継投でよく3失点に抑えてくれた」。同点本塁打の磯は、4番手の投手としても無失点の活躍。「コースにしっかり投げ分けることを意識した」と手応えを得たようだった。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ