スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

仙台育英と東北が東北大会へ 秋季高校野球県大会準決勝

2022年9月26日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 【宮城】第75回秋季東北地区高校野球県大会は25日、仙台市民球場で準決勝2試合があった。仙台育英と東北がそれぞれ勝利し、決勝に進むとともに東北大会への出場を決めた。

 仙台育英は五回、湯浅の3点適時三塁打などで6点を挙げて仙台三を突き放し、9―0で7回コールド勝ちした。東北は二回に平沢が満塁本塁打を放ち、利府に7―1で勝利した。

 決勝は仙台市民球場で26日午後1時から、東北大会出場をかけた3位決定戦は同日午前10時から行われる予定だ。(武井風花)

     ◇

 今夏の甲子園で優勝した仙台育英を相手にしても、仙台三の先発としてマウンドに立った加藤光志郎君(2年)は落ち着いた表情だった。この日が公式戦初登板。不思議と緊張はなく、強豪相手に自分の力を試せることに「ワクワクしていた」。

 相手打者のデータを元に一人一人配球を変え、打たせて取る作戦で臨んだ。ぴたりとはまったのが初回だ。2死一塁の場面で、打席に入ったのは相手の4番。左打者に投げようと決めていた内角のカーブを投げ込み、狙い通りセカンドゴロに打ち取った。

 立ち上がりは上々だったが、失点を重ね、五回途中に降板した。「甘く入ると長打を打たれると思って四球が増えた。中盤に浮足立ってしまった」と悔しさをにじませた。ただ、相手の4番を狙い通りに仕留めたのは「自信になった」。

 次は東北大会出場をかけた3位決定戦だ。「何をすべきか再度確認して臨みたい」と話した。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ