スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋季高校野球県大会 専大北上と花巻東が決勝に 準決勝2試合

2022年9月26日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 第75回秋季東北地区高校野球岩手県大会(県高野連主催)は25日、盛岡市の県営野球場で準決勝2試合があった。専大北上が一関二に逆転勝ちし、花巻東は盛岡大付との接戦を制し、それぞれ決勝に進んだ。26日は決勝と3位決定戦が行われ、上位3校が東北大会に出場する。

 一関二打線でこの日、特にバッティングが好調だったのが小岩倫太郎選手(2年)だ。

 7点差を追う七回裏、1死で打席に入った。ここで点をとれなければ、コールド負けになる。

 「つなぐバッティングでとにかく塁に出よう」。そんな意識で内角の速球を振り切った。打球は伸びて右翼席に飛び込んだ。「打球が上がった瞬間、浅く飛んだかとヒヤッとしたけど、スタンドに入ってくれてうれしい」。試合後そう振り返った。

 2回戦、準々決勝では5番を打っていたが、打撃が好調だったため、出塁の機会を増やそうと小山智之監督が2番に打順を替えた。「打撃に期待していたが、本塁打を打つとは思わなかった」と小山監督は評価した。

 九回にも三塁打で好機をつくり、この試合、5打数4安打。ポジションは捕手だが、内野安打で出塁した三回には、3番打者とともに重盗も成功させ、観客を沸かせた。

 「結果は負けたが、自分たちの守りと後半の追い上げはできていた。明日はもっと後半攻めて良い結果になるように頑張りたい」。そう決意を新たにした。(藤井怜)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ