スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋季県高校野球が開幕、5チームが勝ち上がり

2022年9月17日10時45分

朝日新聞DIGITAL

 秋季青森県高校野球選手権大会が16日、開幕した。弘前市のはるか夢球場と青森市の県総合運動公園野球場で1回戦5試合があり、青森商、青森南、弘前東、八戸北、大湊が勝ち上がった。17日は黒石市営球場を加えた3球場で2回戦8試合がある。

     ◇

 聖ウルスラは1年生バッテリーがチームを引っ張った。平井大翔(ひろと)投手と田村翼捕手。弘前東に力負けしたが、要所で粘りを見せた。

 平井投手の武器は低めへの変化球。五回は相手の4番打者をフォークで空振り三振に切ってとり、自信を深めた。田村捕手は緩急を生かすリードがさえた。二回2死一、三塁の場面で外角に直球を要求し、打者のタイミングを外して中飛に打ち取った。

 信頼しあう2人。平井投手は「田村が変化球を必ず止めてくれるから、安心して投げられる」と感謝し、田村捕手は「平井は制球がいいので、強気に攻めることができる」とたたえる。

 平井投手は先発して六回まで投げ、8失点。田村捕手も相手の強打に苦しんだ。それでも2人は「もっと制球に磨きをかける」、「投手の持ち味を生かしてチームを勝たせたい」と前を向いた。(渡部耕平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ