スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

聖光学院2年生の4番三好「次こそ日本一に」 3年生に支えられて涙

2022年8月20日19時30分

朝日新聞DIGITAL

  (20日、第104回全国高校野球選手権大会準決勝 聖光学院4―18仙台育英)

 九回2死一塁。聖光学院の2年生4番打者、三好元気が「何でもいい。次の打者につなぐ」と心に決めて打席に入った。3球で追い込まれたが、ファウルで粘る。だが最後は内角高めの142キロの直球にバットが空を切り、三振。思わず顔を覆った。

 三好は今大会、全5試合で4番を務め、4試合続けて安打を放った。この日も初回1死一、三塁の好機で内角の直球をとらえ、先取点となる適時打を放った。

 試合後、相手校の校歌を聞いている間、三好は涙が止まらなかった。隣にいた小林剛介(3年)に支えられながら、「下を向いているようじゃ、来年(甲子園に)帰ってこられないぞ」と声を掛けられた。

 甲子園のベンチ入りメンバー18人のうち、2年生は4人。三好は「ここまで来られたのは、3年生のおかげ。次こそ先輩たちがたどり着けなかった日本一を絶対に取りたい」。新チームの中心選手として再出発を誓った。(滝口信之)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ