スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

越ケ谷などで監督、沢田勉さんに育成功労賞受賞 高校野球

2022年8月18日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 高校野球の発展や選手の育成に貢献した人に日本高校野球連盟と朝日新聞社が贈る「育成功労賞」。埼玉県内からは、越ケ谷などで監督を務めた沢田勉さん(59)が選ばれた。大切にしてきたのは「生徒ファーストの指導」だ。

 高校時代は岩槻で野球部。1987年から母校や草加南、越ケ谷、越谷西の4校で36年間、監督や責任教師を務めた。草加南では学校の敷地内で練習ができない中、地域のグラウンドなどを借りながら指導し、91年春の大会では県16強へと導いた。

 若い頃は失敗したり、負けたりすると「生徒のせい」と思ってしまうこともあった。だが自分の指導を振り返ると、「失敗を経験させてくれるのは生徒」と思うようになった。以降、生徒たちとより真摯(しんし)に向き合うようになった。

 98年から昨年までは県高野連の理事や常務理事を歴任。指導者の時に培った「選手を第一に」する考え方に基づいて連盟の運営に携わった。今では教え子たちが社会で活躍しているのを耳にすると、うれしい気持ちになる。

 沢田さんは全国で49人選ばれた受賞者のうち、阪神甲子園球場で表彰される8人に選ばれた。15日、甲子園の土を踏んだ沢田さん。「私のつたない指導のもとで頑張ってくれた教え子たちに、感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。(仙道洸)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ