スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

近江、きょう高松商と準々決勝

2022年8月18日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権大会に滋賀代表として出場し、8強に入った近江は18日、香川代表の高松商と準々決勝を戦う。多賀章仁(あきと)監督や山田陽翔(はると)主将(3年)は16日夜、報道各社のオンライン会見に応じ、高松商の印象などを話した。

 高松商の初戦は佐久長聖(長野)との2回戦。今大会注目の強打者、浅野翔吾君(3年)が2本塁打を放ち、快勝した。九州国際大付(福岡)との3回戦では、エース左腕の渡辺和大君(3年)が1失点で完投した。

 多賀監督は、高松商の印象について「浅野君という素晴らしい選手が1番を打つ総合力の高いチーム」と評価する。

 今大会で登板した高松商の投手2人がいずれも左腕だった。鍵となる近江の選手は「左打者全員。どう左腕を攻略してくれるかだ」と強調した。今大会13打数1安打と本調子ではない1番打者の津田基君(3年)に触れ、「左打者は左投手を打つと調子があがる。津田には意地を見せて欲しい」と発破をかけた。

 浅野君にどう立ち向かうのか。山田主将は「変化球とストレートをうまく使いたい。三振を狙いたいが難しいので、長打を許さないことを一番に意識したい」。そのうえで「簡単には勝たせてくれない相手。厳しい勝負になると思うので、粘って粘ってエースとして頑張りたい」と意気込んだ。(鈴木洋和)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ