スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

母の誕生日に打てなくて…愛工大名電・大森、チーム勢いづける活躍

2022年8月15日21時15分

朝日新聞DIGITAL

 (15日、全国高校野球選手権大会3回戦 明豊2-5愛工大名電)

 明豊戦で先制のホームを踏んだのは2番大森瑛斗選手(3年)。一回、1死から四球で出塁し、犠飛で本塁を駆け抜けた。「自分の役割は出塁。先頭が打ち取られ、何とかしようと思った」

 1、2回戦とも2桁安打と活発だった打線の中、先発選手で1人だけここまで無安打だった。特に、2回戦があったのは母・いつみさんの誕生日だったそうで、「誕生日は知っていた。そのときは目立った活躍ができなかったので、次は必ず打つと決めていた」。

 2打席目の中前安打で今夏の甲子園初安打を放つと、その後は犠打、中前安打と躍動した。

 昨夏は9番打者で甲子園の土を踏んだ。初戦で2安打したが、三塁の守備で二回に失策したのが心残りになった。「平凡なゴロで、守備を鍛えてきた」。その二回、2死二塁から三遊間のゴロを好捕。外野に抜けていれば同点にされていたような打球だったが、守備でもチームを勢いづけた。(上山浩也)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ