スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

聖望の岡本監督「思い切りぶつかる」

2022年8月14日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権大会(日本高野連、朝日新聞社主催)で埼玉代表の聖望学園は14日の第3試合で、春の選抜大会を制した大阪桐蔭との2回戦に臨む。試合を前に、聖望学園の岡本幹成、大阪桐蔭の西谷浩一の両監督に互いの印象や意気込みを聞いた。紙上対談の形で紹介する。(構成・仙道洸、岡純太郎)

 ――初戦を振り返って

 岡本 埼玉大会と同じような戦いを貫いてくれたので、本当に良いゲームができてよかった。

 西谷 3点ビハインドの苦しい入りになった。守りのミスもあり、前半は思うように攻撃できなかった。

 ――相手チームの印象は

 岡本 強いとしか言いようがない。甲子園という舞台で戦えるチャンスをもらったので、本当に感謝したい。投手力も良いし、攻撃力、守備力、どれをとっても、Aクラスのチーム。隙がない。

 西谷 バントやエンドランを決めてくる「しぶとさ」や「粘り強さ」を感じる。

 ――警戒する選手は

 岡本 全員を警戒しないといけない。誰ということは、あまり考えていない。

 西谷 つながりのある攻撃のなかで、捕手で主将の江口(生馬)君は勢いのある選手で警戒している。

 ――チームで鍵となる選手は

 岡本 やはり初戦と変わらず、岡部(大輝)―江口のバッテリー。相手打線に対して臆することなく攻めていってくれれば。

 西谷 主将の星子(天真)。初戦は結果に関係なく、チームを鼓舞していた。チームをうまく導いて欲しい。

 ――意気込みは

 岡本 精いっぱい頑張る以外、何もない。思い切ってぶつかっていきたい。バッテリーを中心にしっかり失点を防いで、とにかく少ないチャンスをものにして、相手に食らいついていく。それしかないと思う。

 西谷 激戦区の埼玉を勝ち抜いてきた力があるチームが相手。しっかり組んで、相手以上にしぶとい野球をこちらもしていかないといけない。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ