スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

横浜VS聖光学院 監督が紙上対談 14日第1試合

2022年8月14日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権大会で、横浜は14日の第1試合(午前8時)に登場し、聖光学院(福島)と対戦する。16強を決める2回戦を前に、横浜の村田浩明監督と聖光学院の斎藤智也監督に互いのチームで鍵を握る選手などを聞いた。紙上対談の形で紹介する。

 ――初戦を振り返って

 村田 初戦は難しいと選手たちには言い聞かせてきた。苦しい試合だった。乗り越えて成長できたと思っている。打つべき球を打てたことがポイントだった。

 斎藤 展開に左右されず、リードされてもベンチの空気がよかった。それが逆転劇につながった。小林剛投手と佐山投手の継投もうまくいった。試合慣れして打者の反応がよくなればいい。

 ――相手校の印象は

 村田 チームワークがよく打線が活発。3月には練習試合で負けたが、横浜としても成長した。準備して戦い抜きたい。

 斎藤 春の練習試合では勝っているが、神奈川の決勝を映像で見ると仕上がって充実している。杉山投手に相当苦労すると思う。

 ――理想の試合展開は

 村田 守りのリズムから攻撃につなげることは変わらない。強力打線なのでどうアウトを取るか、守備が気になる。3、4点までに抑えたい。

 斎藤 最少失点に抑えて、2点くらい取らないと勝ち目がないと思う。小林剛投手と佐山投手のマウンドさばきに期待したい。

 ――相手校の警戒する選手は

 村田 1番の赤堀選手が出ると勢いづく。山浅選手の打撃も素晴らしいので注意したい。投手ではタイプの違う右左の佐山投手、小林剛投手。

 斎藤 1番の緒方選手をいかに出塁させないか。いい打者が上位に目白押し。長打は警戒しなければいけない。杉山投手はクリーンアップを打つ力がある。

 ――自チームで鍵を握る選手は

 村田 バッテリー中心に我慢しながら取れるアウトを取ることが絶対的なポイント。打線では1番の緒方選手がどれだけできるか、山崎、萩の両選手が好機をものにできるか。

 斎藤 横浜の杉山投手の投球に打者がどれだけ対応していくか。赤堀、高中、三好、山浅の各選手は好調をキープしている。あえて調子が悪かった安田選手に奮起を促したい。

 ――2回戦への意気込み

 村田 一戦必勝でその試合にベストを尽くす。1回戦は甲子園にのまれた選手も自信をつけた選手も様々。次は地に足を着けて横浜野球をぶつけたい。

 斎藤 福島県勢は神奈川に1勝もしていない。私も5敗喫している。ついにこの壁を破るときだと強い信念をもって挑みたい。(土居恭子、滝口信之)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ