スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

主将が最後に見せた意地 将来の夢は教師で勝利 有田工・上原風雅

2022年8月14日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 (13日、第104回全国高校野球選手権大会2回戦 浜田5―3有田工)

 初球。捕手の上原風雅がエース塚本侑弥に出したサインは「外角に外せ」だった。初回に先取点を挙げて上々のスタートを切ったその裏。俊足の先頭打者に出塁を許した直後のことだ。

 島根大会を勝ち抜いた相手のデータ分析で、この選手が初球から走ってくる可能性が高いことに気づき、対策を練っていた。

 次打者の初球、サイン通り塚本が投球を外角に外すと、すかさず上原が二塁に送球。タッチアウトで反撃の芽を摘んだ。

 昨秋から主将。この試合は捕手として、機動力のある相手に盗塁を許さないという思いで臨んでいた。初回の盗塁阻止で「流れに乗れる」と思ったという。

 この日は打撃でも見せた。2点を追う八回、流れが欲しい場面でその打席は回ってきた。

 佐賀大会では打撃もふるわず、打率はチームで最も低い2割1分4厘。「申し訳ない思いだった」という。甲子園では打つと意気込んで臨んだが、前の3打席は四球で一度出塁したものの無安打だった。

 八回は直球を待っていたが、真ん中低めに来た変化球を打ちに行く。体が前に出たが左足でためることができ、球をしっかりと捉えた打球は左翼の頭を越えた。二塁ベース上でガッツポーズをし、ベンチに続けとばかりに声を出した。

 だが、後続が続かず、そのまま敗れた。それでも上原は試合後、「頼りになるキャプテンじゃなかったけど、まわりのみんなが助けてくれて、ここまでやってこられた。ありがとう」と仲間への感謝を口にした。

 卒業後は進学して野球を続けるという。夢は「教師で戻ってきて甲子園で勝つ」ことだ。=敬称略(大村久)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ