スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「最強 2人で一つ」 敦賀気比バッテリー、ピンチで思い出した言葉

2022年8月13日21時28分

朝日新聞DIGITAL

 大会第8日の13日、敦賀気比は2回戦で市船橋(千葉)と対戦。福井大会を含め初めて先制される展開となったが、8―6と逆転勝ちをおさめた。日程が順調に進めば、大会11日目の16日第3試合に、横浜(神奈川)と聖光学院(福島)の勝者と対戦する。

 四回裏、市船橋の攻撃。1死三塁の場面で捕手の渡辺優斗(3年)がマウンドの上加世田頼希(同)に駆け寄った。二回に先制打を許した打者だった。

 「コースにしっかり投げ込めば大丈夫」

 そう言って上加世田を落ち着かせ、この回を最少失点で切り抜けた。

 渡辺は、上加世田と同様、1年秋からベンチ入りしている中心選手。上加世田とは中学時代、軟式野球の強豪クラブも一緒で、ともにU15の日本代表でも活躍、計6年間バッテリーを組んできた。

 上加世田は渡辺について「タイムの取り方がうまい」。一方、渡辺は「4番でエースは負担が大きい。どこで間を取るか、常に考えている」と話す。

 そんなバッテリーがピンチの時に思い起こすのが、帽子に入れた「最強バッテリー 2人で一つ」と互いのために書いたメッセージだ。1人の力では無理でも2人の力を合わせればできる、という思いを込めた。

 ただ、「最強」の言葉と裏腹に渡辺がよく口にするのが「弱いチームなので」だ。選抜大会で広陵(広島)に0―9で大敗したのは、自分と上加世田を中心とした守りの野球ができなかったという思いがある。

 試合前には、対戦相手の動画をみるなどして各打者の特徴を分析。それを上加世田や左腕・清野仁楽(同)を交えて話し合う。

 市船橋打線へのコースをつく投球の組み立ては分析の成果の一つだった。上加世田は制球が不安定ながらも粘り強い投球で五~八回を0点に抑えた。

 強打のイメージの敦賀気比だが、東哲平監督は「今年はバッテリー中心のチーム」と信頼を寄せる。それでも渡辺は試合後、「よくない配球があった。次に向けて修正したい」と反省しきりだった。(敬称略)(長屋護)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ