スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

二松学舎大付×社、両監督に聞く 相手の印象や理想の試合展開は

2022年8月14日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)で、東東京代表の二松学舎大付は14日、夏の甲子園初の2勝をかけて2回戦で兵庫代表の社と対戦する。二松学舎大付の市原勝人監督と社の山本巧監督にそれぞれリモート取材を行い、相手の印象や理想の試合展開などを聞いた。

     ◇

 ――二松学舎大付は札幌大谷(南北海道)を、社は県岐阜商(岐阜)をそれぞれ破った。1回戦を振り返ってほしい

 市原監督 先発辻がよく頑張ってくれたのとリリーフの重川が抑えてくれたことが大きい。プレッシャーがかかるなか、自分たちの力を最低限は出してくれたと思う。

 山本監督 甲子園球場の規格、風について、試合を通して経験させていただくことができた。

 ――相手の印象は

 市原監督 初戦で完投した堀田は安定感があるし、エース芝本は球が速いと聞く。打線はチャンスで安打が出て、集中打もみせた。チームは勢いに乗り、良い状態に見える。

 山本監督 初戦のベンチワークを見て、練習の段階で監督、スタッフ、選手たちの密なやりとりがされた上で試合をされている印象があった。目標としたいチームの一つだと思う。

 ――理想の試合展開は

 市原監督 走者を出したとしても、辻、布施、重川の投手陣が粘り強い投球で最少失点に抑え、少ない好機をものにしたい。しぶとい戦いができるといい。

 山本監督 全てを想定して練習してきている。そういう方向性でチームを作ってきている。

 ――対戦する上で注意したい点や警戒する選手は

 市原監督 警戒するのは投手陣だ。失投が少なく、そう簡単に点は取れないと思うが、足を使うなどいろんなことを考えたい。

 山本監督 相手校というよりは、初戦の経験値を生かし、対応しながらいきたい。警戒する選手は全員。選手一人一人が野球を理解して戦っているのではないかという印象があった。

 ――チームの状況は

 市原監督 初戦が終わるまでは浮ついたところもあったが、日常に戻ったようだ。悪く言えば慣れてしまったということなので、緊張感を持たせるようにしている。

 山本監督 初戦で先制した場面で、甲子園球場全体から声援をいただいた。あのような経験値が今後、局面の判断に生かされ、落ち着いてプレーができるようになると思う。

 ――次の試合への意気込みを

 市原監督 1勝に満足せず、次の勝利への執着心を持たせるよう、初戦の後は叱咤(しった)激励した。ここで終わりじゃないんだと。1回気を引き締めたら、あとは伸び伸びプレーしてほしい。

 山本監督 学校の先生や地域の方々がご支援してくれている。恥ずかしくない試合と立ち振る舞いができるよう意識している。(本多由佳、大下美倫)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ