スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

前回優勝の智弁和歌山、国学院栃木に敗れる 六回に連打浴び逆転許す

2022年8月13日15時43分

朝日新聞DIGITAL

 13日、全国高校野球選手権大会2回戦 国学院栃木5-3智弁和歌山

 第104回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の第8日は13日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦があり、2連覇を狙った智弁和歌山が、国学院栃木に3―5で敗れた。

 智弁和歌山は2回戦からの登場だった。前年優勝校が、翌年の全国選手権初戦で敗れるのは、第99回大会(2017年)の作新学院(栃木)以来。

 智弁和歌山は一回、2点を先行された。

 二回に8番中塚遥翔(はると)の適時打と9番山田久敬のスクイズで追いつき、六回には内野ゴロの間に1点を勝ち越した。

 しかしその裏、国学院栃木に4連続長短打を浴びて逆転された。八回にはソロ本塁打を許し、突き放された。

 智弁和歌山は昨夏の第103回大会で00年以来、21年ぶり3度目の全国制覇を果たした。

 現チームも今春の近畿大会決勝で、選抜優勝校の大阪桐蔭を破るなどし、今大会では優勝候補の一角と見られていた。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ