スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋田大会初戦負けからつなぐバトン 夢舞台でも継いだ 田中元輝主将

2022年8月11日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 (10日甲子園、能代松陽2―8聖望学園)

 甲子園の舞台でも、能代松陽の中心には主将の田中元輝君(3年)がいた。

 夢の舞台は1試合で終わったけれど、試合後、主将は「聖地で戦えたことを誇りに思う」と胸を張った。

 2年生のときから正捕手としてチームを引っ張った。だが昨夏の秋田大会は1回戦で敗退。「自分の配球で先輩を勝たせられず、悔いが残った」。試合後、学校に戻ると当時の主将が泣きながら言った。「来年は俺たちみたいになるな」

 新チームで主将になった。どうすれば、自分たちは勝てるのか――。まずは日々のあいさつや授業態度から変えるべきだと思った。「勝つためには必要だ。嫌われてもいいから、自分が言おうと思った」

 昨秋の県大会で優勝。しかし、この春の大会は準々決勝で秋田商に負けた。

 「自分たちは、もう少し強いと過信していた」

 もっと謙虚に。秋田のライバル校から学んだことを仲間と話し合った。

 秋田商には、球際の強さやベンチの雰囲気に伝統校のプライドを感じた。練習試合をした明桜は「覚悟を決めて秋田に来ている選手たち。勝たないといけないとの気持ちが違った」。

 この日、田中君はピンチの場面でマウンドに駆け寄り、森岡大智投手(2年)に声をかけた。「強気にインコースを攻めよう」。内外野にも、大声で指示し、仲間たちを励まし続けた。

 「コロナの中、苦しいことしかなかったが、最後は自分たちの力で乗り越えてここまで来られた」

 そう話した主将は試合後、2年生の大高有生君たちに声をかけた。「来年は絶対に勝てよ」(北上田剛)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ