スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大会第8日第1試合に島根・浜田と初戦 有田工のメンバー紹介

2022年8月11日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権大会に佐賀県代表として出場する有田工は、13日に予定されている大会第8日の第1試合で浜田(島根)との初戦を迎える。選手らは9日に有田を発ち、大阪入りした。ベンチ入りする選手18人の大会に臨む思いを紹介する。(丸数字は背番号)

 有田工は佐賀大会決勝6日後の7月31日、複数の部員に新型コロナウイルスの陽性反応が出た。今月3日の組み合わせ抽選会も6日の開会式も欠席。

 自宅待機となり、陰性で体調に問題のない部員が練習を再開したのは3日。全部員がそろったのは5日だった。練習不足を自覚する選手もいるが、みな前向きに意気込みを語った。(大村久)

 ①塚本侑弥 投手 3年

 「1勝できるようにがんばる。マウンドから甲子園の景色をしっかり見たい」

 ②上原風雅 主将 捕手 3年

 「県代表の誇りをもって戦う。自分たちのペースに持ち込んで1勝する」

 ③角田貴弘 一塁手 2年

 「練習不足だがベストに戻し、まずは浜田を倒す。長打を1本打ちたい」

 ④山口洸生 二塁手 3年

 「初戦突破をめざして、有工らしく元気に声を出して全力でがんばりたい」

 ⑤松尾脩汰 三塁手 3年

 「試合ができることに感謝し、全力でプレーする。失策せず好機を作りたい」

 ⑥相川翔大 遊撃手 2年

 「得意の守備で流れを作って二つ勝つ。3年生と長い夏を過ごしたい」

 ⑦犬塚康誠 左翼手 2年

 「バントでつなぐなど自分ができることで貢献し、一つでも多く勝ちたい」

 ⑧山口駿介 中堅手 3年

 「声出して守ってつないで流れをもってくる。安打2本と失策なしをめざす」

 ⑨土谷凱生 右翼手 3年

 「後のことは考えず、まず1勝。自分が好機で1本打って決めたい」

 ⑩久保竣聖 内野手 3年

 「先輩を超える2勝をめざす。コーチャーとして判断ミスしないようにする」

 ⑪淵太吾 外野手 3年

 「コーチャーとして、走者や打者に声をかけて緊張をほぐすように心がける」

 ⑫山下智哉 内野手 3年

 「声を出して選手を盛り上げ、リラックスしてプレーできるように鼓舞する」

 ⑬一ノ瀬陽斗 投手 2年

 「投げることがあれば、3年生の分まで気持ちを込めて思いっきり投げる」

 ⑭山口慎太郎 捕手 2年

 「接戦をものにして初戦を勝つ。代打で出れば、甘い球なら1球で仕留める」

 ⑮北川晴翔 外野手 2年

 「声出しや打撃であばれて2回勝ちたい。試合では粘り強く戦いたい」

 ⑯中尾仁寿希 内野手 2年

 「一つひとつのプレーを大事にしたい。しっかり準備し、凡事徹底する」

 ⑰藤壮市朗 投手 2年

 「レギュラーが全力で自分のプレーができるようサポートしたい」

 ⑱安永大隼 投手 2年

 「チームが勝てるように、打席に向かう選手に緊張をほぐす言葉をかける」

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ